毎日の暮らしの中で

猫と音楽と陸奥A子先生の作品が好きな主婦の日常

コーヒーシナモンロール

今朝食べるパンを昨日作りました。

 

コーヒーシナモンロールとでも題しておきます。(適当に作ったのでタイトルなし)

 

生地にインスタントコーヒーが入っています。

 

その生地を伸ばしてグラニュー糖とシナモンとインスタントコーヒーを適量振りかけます。

f:id:minttime:20181215165048j:plain

 

ぐるぐる巻いてカットします。

f:id:minttime:20181215165331j:plain

 

型に入れて発酵させます。

f:id:minttime:20181215165348j:plain

 

発酵後、焼きます。

f:id:minttime:20181215165405j:plain

 

冷めたら砂糖衣(アイシング)をかけます。

f:id:minttime:20181215165439j:plain

 

パンは普通強力粉を使いますが、このパンは薄力粉も混ぜてみました。

 

そのほうがふわっとした食感になり、このパンに合っていると思ったからです。

 

水分は牛乳と卵を使いました。

 

菓子パンなのでリッチな生地にしたほうがより美味しいので。

 

f:id:minttime:20181215165454j:plain

f:id:minttime:20181215165512j:plain

実際食べてみたらふわふわでコーヒーの香りも残っていました。

 

夫はコーヒーが苦手なので極力コーヒーは減らしましたがそれでもじゅうぶん美味しいコーヒーパンになりました。

 

そしてアイシングの甘さがコーヒーの苦味(というほど苦くはありませんが)を緩和させていてちょうどよい甘さ、味になったと思います。

 

このパンはかなり気に入ったのでレシピノートに書いておいて時々作ろうと思います。

 

柚子の使い道

母が持ってきた柚子をどうしたらよいか考えていましたが、とてもいいことを考えました。

f:id:minttime:20181214162012j:plain

 

それは「ポン酢」を作ることです。

 

今まで市販品しか使ったことがなく、作れることは知っていましたが大変そうなイメージがあって避けていました。

 

しかしレシピを見たら「な~んだ!」というほど簡単なのです。

f:id:minttime:20181214162050j:plain

瓶に鰹節と昆布を入れて・・・

 

お醤油と柚子の果汁など柑橘果汁を入れて冷蔵庫に入れます。(レシピにありませんでしたが柚子の皮も一緒に入れてみました)

f:id:minttime:20181214162108j:plain

これで一週間から一か月おけばまろやかになるそうです。(この時に濾します)

 

半年くらい保存できるみたいなので急いで使い切る心配もありません。

 

美味しいポン酢になるといいな。

 

使うのが楽しみです。

 

一応私が作ったレシピを書きておきます。

柑橘果汁  150cc

醤油    150cc

鰹節    3~4グラム

昆布    6グラム

冬の果物

お昼頃に母がリンゴなどを持ってきてくれました。

 

f:id:minttime:20181212173745j:plain

このリンゴは母方の祖父の親戚が毎年送ってくれる福島県のリンゴです。(祖父は福島県出身でした)

 

母は糖尿病で果物の糖もダメなので少ししか食べられず、いつも私のところにたくさん持ってきてくれます。

 

ちゃっかり楽しみに待っています。

 

サラダにしたり肉料理にに合わせたり、ケーキやパンやジャムにしたりいろいろと使えるのでありがたいです。

 

そして他に柚子とみかんも持ってきました。

 

これらは近所の人が庭に生ったものをおすそ分けしてくれたそうです。

f:id:minttime:20181212173801j:plain

f:id:minttime:20181212173819j:plain

 

しかし柑橘類を夫が食べないので私がいつも消費することになります。

 

母は「柚子はお風呂に入れたらいいじゃない?」と言いますが夫はそれもダメなのです。

 

肌が弱い体質なのです。

 

少し前にも他の人から柚子をもらっているのですが、それははちみつで漬けて保存しています。

 

何か使い道を考えないと・・・





初めて作ったゴマのパン

少し前になってしまいますが、おとといの日曜日のブランチに食べたものはゴマチーズパンでした。

f:id:minttime:20181211163830j:plain

 

簡単に手順を追ってみますと、生地はセミハードといって油脂がほんの少ししか入っていなくて水分は水のみといったあっさり系の食事用の生地です。

 

それに黒ゴマを混ぜ込みます。

 

発酵後、6等分してプロセスチーズを小さく角切りして包みます。

f:id:minttime:20181211163915j:plain

 

発酵させた後、上にクープ(切れ目)を入れてピザ用チーズを乗せて焼きます。

f:id:minttime:20181211163943j:plain

 

食べる時に温めなおしました。

 

チーズが中でとろけてあっさりした生地とチーズのバランスがよかったです。

f:id:minttime:20181211164013j:plain

 

今回初めて作ったパンなのですが私も夫もこの味がとても気に入りました。

 

また一つ作るパンの種類が増えました。



前にも作ったかも?ドームケーキ

市販のロールケーキが安売りされていたのでつい買ってしまいました。

 

f:id:minttime:20181210162054j:plain

ロールケーキはそのまま食べることはないのですが、いつも決まったケーキを作ります。

 

以前にもブログに出したことがあるケーキかもしれませんが・・・

 

何度も作っているので忘れました。

 

ちなみにロールケーキの隣はミルクティーです。

 

まず一切れを三等分ずつにスライスします。

 

f:id:minttime:20181210162243j:plain

 

それをボウルなどにラップをしいてから張り付けます。

f:id:minttime:20181210162423j:plain

この型はスーパーでレタスが入って売られていたものです。

 

このケーキにちょうどいいサイズなので捨てずに使いまわしています。

 

そしてミルクティーと泡立てた生クリームを混ぜたムースを流してその上に残ったロールケーキを乗せます。

 

冷蔵庫で冷やし固めてひっくり返します。

f:id:minttime:20181210162747j:plain

 

切った断面です。

f:id:minttime:20181210162923j:plain

f:id:minttime:20181210162940j:plain

前にも同じケーキを作って同じような感想を書いているかもしれませんがご了承ください。

 

ヤマザキパンなどのロールケーキは日持ちするようになのかとても甘いです。

 

そのぶんミルクティームースは甘さがかなり抑えてあるので一緒に食べた時の甘さのバランスがとてもいいと自分では思っています。

 

絶対失敗しないしロールケーキから作る必要がないのでとても楽な気持ちで作れます。

 


 

 

クリスマスっぽい

クリスマスが近くなってきました。

 

うちは毎年簡単なクリスマスっぽい料理を作ってやっています。

 

小さい子もいない夫と二人暮らしなのですが、何もせずにはいられません。

 

たぶん今年から何もしないでいつもとかわらないメニューを出したら夫が「どうした?」と言うはずです。

 

クリスマスといえばポインセチアが街の至る所に飾ってあって華やかです。

 

夫がポインセチアの鉢植えを持って帰ってきました。

f:id:minttime:20181208162752j:plain

知り合いにいただいたのだそうです。

 

ポインセチアがあると部屋が一気に華やかになります。

 

嬉しいプレゼントでした。

 

 

 

 

かぼちゃペーストの残りで

今回はかぼちゃペーストの残りを使ってパンを焼きました。

 

f:id:minttime:20181207161953j:plain

前にお菓子か何か作った時に余ったので冷凍しておきました。

 

お砂糖やラム酒やシナモンなど入ったペーストです。

 

生地をのばしてペーストを乗せて巻いて切ってねじって型に入れて発酵してから焼きました。

f:id:minttime:20181207162020j:plain

f:id:minttime:20181207162039j:plain

かぼちゃの味がはっきり出ていて、シナモンなどでかぼちゃくささがやわらいで「かぼちゃの煮物」みたいな味ではなく「パンプキン」と呼びたくなるような洋風の味がしました。

 

f:id:minttime:20181207162114j:plain

マーブルになっていて面白い切り口でした。

 

ほんのり甘く優しい味でした。